イベント・セミナーコラム色彩色彩

色の仕事、こんなことも

 

色覚に特性のあるアーティストの記事を見つけました。

 

 黒坂 裕 氏

https://www.asahi.com/articles/DA3S14299765.html

 

色彩に関わる仕事をしているというと

センス

ファッション

おしゃれ

に関することだと思われることが多いです。

 

 

色彩は上記のような

情緒的役割

の他に

機能的な役割

もあり、

「見やすさ」「読みやすさ」

についての講義をすることもあります。

 

見え方の中で、特に理解を得にくい色覚の特性。
最近ではユニバーサルカラーという概念ができ、

判別・判読しやすい色の組み合わせの表記を喚起するガイドを

見ることが多くなりました。

UC(ユニバーサルカラー)級という検定試験もできました。

 

 

健康診断上、「正常」とされている私の色の感じ方だって

他の人と同じかどうかわかりません。

実際、微妙な色について他の方と確認する際に、

相手と感覚が違う、と感じることが時々あります。

自分と違う感覚の方の表現を知りたいと思っていた私には

とても興味深いアーティストです。