もったいないわたしのお気に入りサスティナブルファッション未分類

着物は楽で合理的 !?

 

わかうどのすなる動画といふものを、

嫗(おうな)もしてみむとてするなり

■「世界一ハードルの低い着付け教室」秋田桃子さん

https://stylish-isca.com/kimono/

 

 

ずいぶん昔ですが、

デザイナーのソニア・リキエル氏が来日した際、

「着物はとても楽で合理的」

と仰ったという話に驚きました。

 

 

着物というと

「窮屈」

「決まりごとが面倒」

「高価」

3Kのものだと思っていたからです。

 

 

「着物は洋服と違い、首や手首をしめつけず、

 畳むことでプレスされる」

 

ということだとか。

着物の3Kは、着物離れを憂う業界が、

単価を上げて着物を特別なものとして提案したことが

原因だと思っています。

 

 

結局着もしない高価な着物を、見栄のために作り、

嫁入り道具として持たせるように煽る…

 

不合理極まりない !

何より着物が可哀想

 

と私は着物とその背景が嫌いでした。

https://shikisailife.jp/実は着物が嫌いでした/

 

 

着物というと、

「歴史と伝統」

と伝家の宝刀でも抜いたかのように、業界の思惑通り

3Kを正当化するヤカラのしたり顔も気に入らん。

 

「どの時代? どの階層? それによって違うでしょ?」
と聞き流せない私は大人ではないのか。

 

着物は時代とともに変わっています。
意図的に変えようとすると人はついてこないし、おかしなことになります。
背広を半袖にした「省エネルック」を彷彿させられます。

 

 

桃子さんの話を伺うと、着物の本当の歴史と

その生活がわかります。

 

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

秋田桃子さん

◾️『世界一ハードルの低い着付け講座』主宰

https://www.reservestock.jp/stores/article/20902/23950

 

◾️【イベントや講座の情報が届くメルマガ】

https://resast.jp/subscribe/MTBlYmVkNzUyM

 

◾️【YouTube・桃子チャンネル】

https://www.youtube.com/user/mojimojimomoko?sub_confirmation=1

 

◾️【その他の活動】

・『和ごころファシリテーター養成講座』講師

・多治見市池田町屋郷土資料館 学芸員

・第3金曜日 8:15~30 放送

FMPiPi モーニングスマイル

【きものもこもももももものうち】ゲスト

・重要伝統的建造物群保存地区古民家オーナー