お直し コラム 映画

体型の特徴、欠点ですか? 隠したいですか ?

 

面接のための服装チェックの講義。

(Freepik)

 

ジャケットが大きめの男性が多いです。

特に袖が長い方。

 

これは、中学生の時に制服を作る際、大きめにオーダーした経験が

刷り込まれているからとか。

(我が息子も制服を大きめに作ったはずなのに、中学1年の秋の衣替えで

ブレザーが着られなくなって、慌てた覚えがあります)

 

なので、

「肩で詰めるか、袖で詰めるかして、早めに直しておいてください」

と、入校当初にアナウンスします。

 

それでもやはり、大きめを着ている方がいらっしゃり、

肩や袖の直しだけでなく次回購入する際のアドバイスとして、

ウエストもシェイブされたスリムなスーツをお勧めしたところ、

 

「痩せているのを強調されるような気がして…」

 

と仰るのです。

 

いやいやいやいや、何言うてますのん、

アナタがスリムなスーツを着なくて、誰が着るんやねーん! 

ムチムチやムキムキの人がスリムなスーツを着たらどないなると思うねん、

着たくても着られへん人もいるんやで」

 

という心の叫びを、もちろんもう少し婉曲に優しくお伝えました(つもり)。

そして、ご紹介したのは、この方。

 

「フレッド・アステア」

http://astaire.hanadaisuki.info/blog/fashion/

 

ミュージカルの第一人者のタップダンサーですが、

タップダンスの技術だけではありません。

(どちらも右端)
"ラッキョウを逆さにした顔"と言われても
素敵であることには影響しません

 

着こなしも品があってスマートで、

当時のハリウッドのイケメン基準からは外れますが、

こんな”男のエレガンス”を真似できる人は後にも先にもいません。

アステアのことは理性的に語ることができないので、

ご紹介だけにしておきますが、

さらりとネクタイをベルトに…  彼ならではの着こなし♡

 

スリムな男性は、是非とも目指してほしい、

いや、目指すべき人物です。

アナログ時代に奇抜な演出ですが、これもまたエレガントなんです♡
(「恋愛準決勝戦」より)

 

 

身体的特徴を欠点ととらえ、

ご自身の特徴と反対のものを身につける

方が多いですが、

ますます隠したいことを強調する場合があります。

 

出だしと結が乖離してしまいましたので、また次回に。

-お直し, コラム, 映画