わたしのお気に入り イベント イベント・セミナー

ドレスコードに悩む

 

 

オーストリア大使館の、

チターのアンサンブルコンサートとカクテルパーティ

参加しました。

2014年のウィーンフィルのニューイヤーコンサートで

演奏なさったシャルフ氏の貴重な演奏会です。

ドレスコードは、セミフォーマルですが、

オーストリアの民族衣装も喜ばれます、とのこと。

オーストリア関係のコミュニティのパーティーは、

ダンスパーティーが多く、ロングドレス指定、ということもよくあります。

 

 

フォーマルな生活から程遠い私はいつも悩むのですが、

セミフォーマルという曖昧な基準も困りもの。

そんなフォーマル素人(?)のフォーマル観を、つれづれなるままに、

そこはかとなく書き付くろうと思います(活用の不備はお許しを)。

 

 

夜のパーティーではないので、きらびやかでなくても良いかと、

「お出かけ着」の位置付けで考えることにしました。

夏だと、何枚かある明るい色のワンピースから何とか選べるのですが、

肌寒くなった秋真っ只中、数少ない改まった服の中から、

ウール地の白のワンピースにしました。

 

 

お付き合い下さったお友だちのドレスが、すばらしく、

どこで見つけるのかしら、と思っていたら、

舞台女優のお嬢さんがアレンジなさったとのこと。

まさか、クリムト!?
むき出しのキャンバスでしたが、サインがあったので多分本物…

 

ご自宅でサロンを主宰なさっている

生井悦子さん

http://eroom-kagurazaka.com

インテリア用のクロスを肩口にアレンジされたそうです。

ベルトは黄色の布でした。

肩のロイヤルブルーとお揃いにしないところが、効いていますね。

同じワンピースをお嬢さんはこんな風に。

生井みづきさん

https://profile.ameba.jp/ameba/mizukichen

 

 

一方の私は、アレンジに関して全くの不調法

オーソドックスにまいります。

私の選んだウールという素材は、シワになりにくいし、適度なハリがあるし、

温度や湿度の調整に優れています。

 

ウールは冬物のイメージがありますが、サマーウールなど、

春先に出るウールは、真夏以外ほぼ対応できる場合が多い優れものです。

(何より、私は柔らかな素材のフェミニンなフォーマルが合わない)

クリムト的!
と撮っていただいた柱。奥に前述の絵が飾られていました。


このワンピースは、実はMillyのビンテージ。

私は背が小さく体型も色々と難があり、ぴったりくる既製品に出会うことは稀ですが、

このワンピースは全く直しをしないで着られました。

元の持ち主はどんな方だったのでしょう。

3月に娘の高校の謝恩会でも着ました。
(顔が赤いですね 笑)

元々は花柄のシルクのリボンをベルトにする仕様です。

(衿や袖の見返しも共布です)

3月の謝恩会では春らしく。

今回は秋らしく、と革のサッシュベルトにしてみました

ピシッ、とリボンの形にならないのが難…

 

小物は、どちらも、色合いが気に入って全く別の時期に衝動買いしたものです。

私って、緑と紫の組み合わせが好きだったのね~

 

会場は、お着物の方やチロル地方の民族衣装の方もいらっしゃいました。

チロルの民族衣装も着てみたい〜♡

 

セミフォーマルとはいえ、ドレスコードがあると、

私はまだまだマニュアルに「合う」「合わない」を考えがちです。

もっと自然体で選べるようになりたいものです。

-わたしのお気に入り, イベント, イベント・セミナー