お直し もったいない わたしのお気に入り イメージチェンジ インテリア・住まい コラム リメイク

リフォーム顛末記 1. サイズの合わないカーテンを活かすアイディア

昨年、部屋の壁紙を替えました。

壁紙なんて、滅多に替えるチャンスはないので、

以前から憧れていた、外国のインテリアのような

柄や色づかいにチャレンジしたい !

ホテルのインテリアは憧れです。

とはいえ、我が家は一般的な築30年のマンション。

部屋は狭く天井は低く窓はサッシ。

夢を見ている私は、家ではメリヤス素材(今風に言うとカットソー)で

ウエストゴムの衣装しか着ない、ユルさ最優先のアラ還マダム…

 

交錯する欲望と現実の手綱を引いて下さったのが

インテリアコーディネーターさんです。

 

■ echt 浅野佳代さん http://echt-tokyo.com

 

やはりプロは違う!

その驚きの提案をいくつかご紹介します。

 

 

私の部屋のプランの要は

このカーテン。

全く違うイメージを考えていたのに、このカーテンを見た瞬間、

これしかない! と決めてしまいました。

 

元々は出窓用に作ったカーテンですが、

今回掃き出し窓に付け替えることにしました。

当然サイズが合いません。

 

お得意のリメイク(といっても、お店に依頼)で窓に合わせるか、

いや、手間と費用をかけて切り刻んで思い通りにならなかったら

目も当てられない…

 

かよさんに、あーでもない、こーでもない、と相談して、

結局、普通につけたカーテンの前に、この珊瑚のカーテンは、

このままタペストリー風に吊るすことにしました。

さて、そのためにはカーテンレールが3本必要となりますが、

カーテンボックスにはそのスペースがありません。

実際に取り付ける業者さんに相談したら、


窓枠にレールを取り付けることになり、一件落着。


薄物のカーテンと通常サイズのカーテンを吊り、

その手前に珊瑚のカーテンを吊りました。


費用も手間も簡単にすみました。
一人で考えていたら、カーテンを無駄にすることになっていたかもしれません。

数多くの現場経験があるプロは、アイディアの宝庫です。

-お直し, もったいない, わたしのお気に入り, イメージチェンジ, インテリア・住まい, コラム, リメイク