四季彩辞典ー冬 12月

12月 深い緑:常磐色(エバーグリーン)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

  誰もが慌ただしい師走、テレビのコマーシャルの騒々しい胃腸薬のコマーシャルが日本 の12月を物語っている。そして忘れてはならないクリスマス。宗教云々、ライフスタイル云々、を問わず、この行事は私たちの生活にすっかり根を下ろしてい ることを認めないわけにはいかない。楽しく物々しいこの12月を深く穏やかに彩るのがこの緑色。クリスマスの華やかな赤や金を一層鮮やかに見せながらも品 よく引き締めている。

常磐色(常盤色とも書く)は、松や杉などの常緑樹の葉の色である。葉の色が年中変わらないことをよしとして、不老長寿を願う神聖な色としてこの名がつい たのだろう。同じ意味として千歳緑の色名もある。英名のエバーグリーンも木の種類こそ違うだろうが常緑樹のことで、やはり“恒久”の意味が含まれている。

色のイメージに関する調査で、緑のイメージは、自然や調和、安定などの回答が一般的であるが、欧米では「毒物」という回答も珍しくない。これは、中世の頃から、銅製品の緑青の毒やカビ、悪魔等のイメージがあり、異教徒の衣の色としても嫌悪されていた歴史があるからだろう。顔色が悪いときに、日本だと 「真っ青」というところを「顔が緑色」と表現するそうだ。反対になぜか日本では、薬のパッケージに緑が使われることが多い。

特に若い世代では、コーディネートのしやすいシックな色として黒を用いることが多いが、時にはクリスマスツリーのように、深いグリーンをベーシックカ ラーにしてみてはどうだろう。深い緑の手帳にゴールドのペン、深い緑の包装紙に細いマゼンタのリボン、深い緑のシンプルなセーターの下に鮮やかなタータンチェックのシャツ…華やかさや楽しさと共に、黒では得られない生命力と安らぎのある配色が出来上がる。

december1-1

四季彩辞典 ー 春

四季彩辞典 ー 夏

四季彩辞典 ー 秋

四季彩辞典 ー 冬

2016/11/28