四季彩辞典ー冬 1月

1月 黄みの赤:緋色(スカーレット)

January1

日本では、欧米よりも1月1日という日を重んじる習慣のためか、クリスマスの翌日から街のディスプレイは新年を迎えるための飾りつけに一変する。洋風のディスプレイが一夜で和風になるのが興味深い。ここで用いられる色は、西洋的なベル ベットを思わせるワインレッドではない。

日本的でありそしてめでたさを表現する色はなんといっても緋色である。そもそもは茜草を原料として染め出された色であるが、現在の茜色として知られる色とは異なり、火のような強く鮮やかな赤である。鳥居や還暦のお祝いのちゃんちゃんこ、祝儀ののし、漆の器など、めでたい席には欠かせない色である。

英名のスカーレットは、カーマイン(エンジ虫)で染められた布を意味する中近東の言葉が由来といわれている。

かつては「火色」、「思ひ色」などとも書かれたこの赤は、積極的な感情や活動の色である。新年の決意や意欲を鼓舞するのにまさにふさわしい色だ。ただ、 刺激が強く、その分疲れやすく落ち着かない色でもあるため、小面積であしらうことをお勧めしたい。例えば初仕事のネクタイは、赤い模様が入ったデザインに するとか、100円ライターを買うときには赤い色のものを選ぶとか、その程度でよいのである。生活空間では、南天の小枝をコップに挿したり、和紙を裂いてコースターやランチョンマットに利用したりすると、手軽に正月らしい雰囲気をつくることができる。

January2

四季彩辞典 ー 春

四季彩辞典 ー 夏

四季彩辞典 ー 秋

四季彩辞典 ー 冬

2016/11/28