四季彩辞典ー春 5月

5月 黄みの緑:萌黄色(シャルトルーズ・グリーン)

may1

  緑眩しい季節。実は最も紫外線の強い時で、木々の葉も光合成が盛んで新緑の美し い時期だ。思わぬ暑さに慌てて押し入れから夏物を引っ張りだすこともある。とはいえ気候は比較的安定しており、ゴールデンウィークも到来するため、外へ繰 り出す機会が増え、緑いっぱいの木々や草花に囲まれることも多くなる。この時期の緑は深く繁った緑、というよりもまだ若い黄緑である。もえぎ色は、萌葱、 萌木などとも書かれ、同じ黄みの緑にも微妙なニュアンスが生じるのが漢字の妙である。
英名のシャルトルーズは、フランスの修道院で作られたリキュールの色が由来の色名である。黄みと緑みの二種類があり、黄みのほうは、シャルトルーズ・イ エローとよばれる。 5月といえば季節の変わり目とともに、体のだるさを覚えたり、5月病などにたとえるように新しい環境に慣れて緊張がとれたりと、実は 気持ちが鬱になりやすい季節でもある。緑の中に身を置きたくなるのは、そんな身体のなせる業かもしれない。

緑は、陽気な黄色と鎮静の青を足してできる色でもあり、バランスのとれた調整の色、休息の色である。「目の疲れに緑がよい」とよくいわれるが、実際試し てみるとその効果が分かる。ただしこの緑は植物に限ることであって、人工的な緑色はトーンや素材を厳選しないと安っぽく刺激的になるため、却って神経を逆 撫でることになる。インテリアのファブリックには、ベージュがかった黄緑色の品質のよいものを選ぶと、どの季節にも馴染みやすく、くつろげる空間が出来上がる。

may2

四季彩辞典 ー 春

四季彩辞典 ー 夏

四季彩辞典 ー 秋

四季彩辞典 ー 冬

2016/11/28