四季彩辞典ー春 4月

4月 うすいピンク:一斤染(ドラジェピンク)

april1

  4月→桜→ピンクとは何とも安直な発想のようであるが、新入社員の初仕事が花見の場所取り、という伝統が連綿と受け継がれている現実を否定できない以上、 われわれにとっての4月の色はこの色である。そういうわけで、本来なら「桜色」にするところをあえて同色の馴染みのない色名をご紹介することにした。一斤 染とは、布一疋(二反分)を染めるにあたって、身分の低い者は紅花を一斤(約600g) までなら使用してもよいと設けられた基準を由来とした色名である。紅花は、時代によっては同じ目方の金に相当したこともあるほど非常に高価なものだ。一斤 染は、韓紅といわれる鮮やかな紅色の1割にも満たない量の紅花で染められた。

最近、結婚式の引き出物でよく見かける楕円型の砂糖菓子がドラジェである。ヨーロッパでは、子供の誕生時や結婚式の喜びの印としてドラジェを配る習慣が あるのだが、日本にも最近になって伝わってきた。そもそもは古代ローマ時代からあった古い習慣らしい。淡いピンクは優しく甘い喜びを伝えるのに相応しい。 ピンクというと、女性的で柔らかいイメージを与える色であり、実際女性に好まれる。ピンクを見たりイメージしたりすることは、脳を刺激し内分泌系を活性化 するために若返りの効果がある、との説がある。真偽のほどは定かではないが、ピンクに憧れていても遠慮をしてしまう高齢の女性にプレゼントをする際の口上 にしてはいかがだろう。

april2

四季彩辞典 ー 春

四季彩辞典 ー 夏

四季彩辞典 ー 秋

四季彩辞典 ー 冬

2016/11/28