四季彩辞典ー秋 11月

11月 紫みの青:瑠璃色(ウルトラマリン)

november1

冬の始まりである11月は、実はさほど寒くなく安定した気候の過ごしやすい月である。チャレンジの秋の疲れを癒し、師も走る年末に向けての体力温存のためにも静かに過ごすのがふさわしい。

青は、空や海、遠い山々など遙かな広い背景の色である。目先の雑事から離れて広く冷静な心を保つことを助ける色だ。澄んだ空気の中で更けゆく空をただ眺られるのもこの時期だけの贅沢なひとときかもしれない。

瑠璃色はそんな冷静さに加え、次に来たる月の華やぎの予感を秘めた青である。瑠璃はラピスラズリの日本名で、古くから仏教の七宝のひとつとして珍重されている。「ラピス」はラテン語の石、「ラズリ」はアラビア語の青色のもの(特に空の色)を指すアラビア語が語源。「ラズリナス」という色名もラピスラズリの ことである。ラピスラズリは、青の顔料にもなり、中近東からヨーロッパに“海を越えて来た色”という意味の「ウルトラマリン」とよばれ、そのウルトラマリンが聖母マリアの衣を彩ったために「マドンナブルー」ともよばれるなど様々な色名がある。洋の東西、宗旨を問わず高貴で聖なる色だったのだ。

ローマ時代頃から中世頃まで、ラピス・ラズリを薬として用いていた記録があり、時代や学者によってそれぞれの薬効を述べているが、共通していることは、 「熱さまし」「感情を抑える」で、現代の色彩学の「青は寒色で鎮静色」に通じる。実際の薬効はさておき、青い色を見て感じるものは今も昔も同じである。秋の ディスプレーやイメージカラーは、茶系を中心とした渋い色みが多く、この頃にはやや食傷ぎみである。そこでさり気なく他と差をつけるために、反対色の瑠璃色をアクセントカラーにあしらうのはいかがだろう。それこそラピス・ラズリをつかってもよいし、手軽に瑠璃色のポケットチーフや時計のバンドでもよい。ほんの小さな面積にとどめるのがコツだ。地味すぎない落ち着きと、派手すぎない華やかさを上品に演出できる。

 

november2

 

四季彩辞典 ー 春

四季彩辞典 ー 夏

四季彩辞典 ー 秋

四季彩辞典 ー 冬

2016/11/28