ご挨拶・プロフィール

ご挨拶

お気に入りたちは
あなたをはんなりスマートにしてくれる

「自分の価値観に合わせて厳選したものは、機能的で美しく、お気に入りとなる」
と私は考えます。

・タンスがいっぱいのなのに、着る服がない
・必要ない、とわかっているのに処分できないものが住空間を占領している
・なのに新たなものを買い続けてしまう

一見ステキなものでも、人気のものでも、あなたの満足の基準を満たしてないからです。

満足の基準とは…
1、好みである

2、生活スタイルに合っている
3、自分自身と調和がとれている(似合っている)

この3つを満たしたものが、あなた仕様の基準です。
この基準が分ると、安易にモノを入手しなくなります。
集まったものは、数が少なくても「機能的で美しくお気に入り」です。

私は色彩を学ぶことによって、洋服を始めとした身の回りのものを選ぶ際に慎重になりました。
すると「使わないけど処分できない」予備軍を、最初から選ばなくなり、
結果、持て余すものが減りました。
My Favarites ! のプログラムは、そんな私の経験から生まれました。

 

講師プロフィール

 

sikisai_profile1

何年着ても、いつまでもときめくワードローブ(手持ちの服)管理術
My Favorites! 主宰

玉木 晶子 たまき あきこ

1963年 愛媛県生まれ 東京在住
一般社団法人 国際スタイリングカウンセラー協会認定・
スタイリングカウンセラー®/スカーフスタイリスト®
東京都立職業能力開発センター 講師
一般社団法人「ドリームマップ普及協会」ファシリテーター

大学卒業後、着物を扱う仕事を通して配色に興味を持ち、色彩を学び始める。配色はファッションだけでなく、衣食住や景観にも関わることを実感。景観を損ねがちな「サイン・ディスプレイ」についても平行して学び、屋外広告物の設計・デザインに携わる。

1989年独立

色彩の一分野である、パーソナルカラーを利用することで、少ない枚数でも満足のいく服選びができるようになった経緯から、「ワードローブのダイエット」(文化庁著作権登録 第18902号の1)を提唱。

パーソナルカラーやスタイル診断を使いこなすのは困難との声に応え、自分で選べるようになるための

何年着ても、いつまでもときめくワードローブ(手持ちの服)管理術「My Favorites!」に改編。

 

2017/09/01