わたしのお気に入り コラム 映画 未分類

カフェ・ソサイエティ他、ファッションと映画

不遜なヤツと思われても仕方ないが、

私は、ウディ・アレンといい友だち付き合いができると思う。

 

音楽とか時代とか、「こういう雰囲気が好き」

というのがぴったりなんだもん♡

1930年代のクラブを背景にした、

▪️「カフェ・ソサエティ」http://movie-cafesociety.com/

まさに私のために作って下さった映画です。

(危ない妄想の人・・・)

 

時代背景は10年ほど違いますが、「華麗なるギャツビー」にも似た、

ショービジネス全盛の、アメリカの豊かな時代が描かれています。

冒頭から「ジンジャー・ロジャーズ」の名前が出て、

BGMが「Pick Yourself Up 」

もうこれで満足。

後半、馬車で公園に乗り付けて散歩するシーンは、

「バンドワゴン」を彷彿させます。

ヒロインは白のドレスだし。

(「絶対そうですよね?」とウディ・アレンに訊きたい)

主人公は、プライベートでは、殆ど茶系のジャケットなのも

印象的。

作品としても、主人公の成長ぶりなど、注目する視点が多々ありますが、

きっと他の方がお書きになっているでしょう。

私は自己満足の備忘録として記しておきます。

ところで、その直後

▪️「パーソナルショッパー」http://personalshopper-movie.com/

を観てびっくり!

主人公が「カフェ・ソサイエティ」のヒロイン、

クリスティン・スチュワートでした。

この映画は、バーソナル・ショッパーという

“人さまの服を選ぶ仕事”に興味があり、

全く予備知識なく臨んだので。

ストーリーは、職業そのものよりも、霊との交信が主題だったので

ちょっとガッカリ。

主人公のファッションも、「カフェ・ソサイエティ」とは

うって変わって、超地味で超カジュアル。

(パーソナルショッパーという仕事に結びつかないくらい)

全く違うタイプを演じて、それぞれが違和感がないのは、

さすが、女優! 思います。

ファッションというと、

現実に取り入れられそうなのは、1950から60年代

ということで、元ケネディ大統領夫人の

ジャックリーン・ケネディを描いた

▪️「ジャッキー」http://jackie-movie.jp/

ファッション目的で観に行きました。

彼女は、ホワイトハウスのインテリアをセンスよく格調高く

仕上げた人。

育ちや教養が深い人ならではの感性で、

現代だとプロデューサーやコーディネーターとして名を上げた

のでは、と思います。

 

♦︎

 

振り返ると、私はきちんとした服装を少しラフに崩した

時代のアメリカのファッションが好きなのだと思います。

上記3つの映画は、衣装がシャネルでした。

日頃、シャネルにはそうピンときませんが、シャネルが持つ

ファッションの歴史観には、私の興味をそそるものがあるように

思います。

-わたしのお気に入り, コラム, 映画, 未分類