わたしのお気に入り イメージチェンジ カラー診断 コラム

結局、○○診断って、どうなの?

これまで、

カラー診断や体型診断は、

オールマイティーでない

とお話ししてきました。

カラー診断って、本当に合ってるの?

体型診断って、本当に合ってるの?

 

よく

「好きな服を着ればいいのだ」

という声もよく聞きますが、

本当の意味で、自由に好きな服を着ている人
案外少ないです。

 

実際は

「自分にはこれは無理」

「これが無難」

「人にこう思われる(思われたい)から」

 

と無意識に選択を制限している方がほとんどです。

 

 

で、私は、というと、

診断に基づいた色やデザインをほぼ選んでいます。

 

それは、

 

・基準を知っていると、選びやすい

・基準を知っていると、コーディネートしやすい

よって、

・眠らせたままの服が減る

・服を無駄にしなくてすむ

そして

・メイクを殆どしないので、顔映りの良い色がありがたい

・自分では選ばなかった色にチャレンジできた

何より

・自分で満足している

から。

これはあくまで、効率を重視する私の基準です。

 

・常にイメージチェンジを楽しみたい

・常に流行を取り入れたい

・収納に悩んでいない

・服の処分に罪悪感がない

と言う方は、また服を選ぶ基準が違うでしょう。

 

 

「好きな服と似合う服が違ったらどうするの?」

「飽きたらどうするの?」

 

と聞かれますが、それこそ

 

好きでない服は着なければよいし、

飽きたらその時に考えればよいのです。

 

似合う服の診断は、

「あなたは一生、この色、このデザインの服を

着なければなりません」

というものではありません。



「私の似合うカラーのグループには、黒が入っていませんが、

喪服はどうすればよいですか?」

と質問される方は、複数いらっしゃいます。

カラー診断は、単に


「その方の良い面を引き立てる色」

にすぎません。


診断結果は「ねばならぬ」の
戒律  ではありません。

 

自分が良い気分になるために、診断を利用すれば良いのです。

 

 

「自分にとってベストなデザインでないのは分かっているけれど、
 この服を着てみたい」

と着てみた結果、

「ああやっぱりパッとしないなぁ」

と思うならやめれば良いし、

「この服を着られて大満足!」

の気持ちが強ければ、その服はあなたにとって、
良い服なのです。

 

 

○○診断、

「縛られるのはイヤ」

と仰る方、
自分で自分を縛っていませんか?

-わたしのお気に入り, イメージチェンジ, カラー診断, コラム