わたしのお気に入り カラー診断 カラー診断 コラム

カラー診断って、本当に合ってるの?

 

このジャケットは、私のお気に入りです。
私を知る方が見たら

私が好きそうな服

いかにも私が着てそうな服

 

と仰るでしょう。
そうなのです。

色も形も、ナントカ診断だと

バッチリ似合うはずのデザイン。
(ピンクの色みに関しては、マニュアル通りではありませんが、
このことについては、また後ほど)

 

でも、2年以上着ていません。

 

なーんか、着るとパッとしないのです。
もったりした感じ。

我ながらトホホな写真…
公開する勇気を褒めてください!

その原因を検証していきます。

 

まず色です。
明るいベージュは、私のベーシックカラーに選ぶ色です。
紺やグレイよりも顔映りは良いのですが、
顔のそばに持ってくるにはベストな色ではありません。
ここがカラー診断の落とし穴です。

 

その人に調和する
といわれる色のグループの中でも、ベストな色と
そうでもない色があります。
中には

グループ内の色 < 他のグループの中のある色

もあるのが現実です。

裏のピンクを出すようにアレンジしました。

このピンクとベージュが良い見本です。
私に調和するグループのベージュよりも、このグループ外の
ピンクを顔のそばに持ってきた方が調和しませんか?

 

「カラー診断はあてにならない」

「前に受けた診断と違っていた」

という声も少なくないのは、こういうことが原因のひとつかと思います。

 

十人十色、文字通り、色も人も、全く同じものはありません。
メソッドによって、4タイプ、36タイプ…などと分け方がありますが、

厳密なことを言うと、人の数だけタイプの分類が必要です。

 

そうはいかないので、私は取り敢えず4タイプに分類し、
個別にフォローします。
カラー診断は、4タイプだろうが36タイプだろうが、
それ以上の細かい分類でも、ベストな色ばかりではありません。

 

と言うと、

 

「カラー診断は意味がないのでは?」

 

と言うお声も聞こえます。
でも私としては、カラー診断を利用する・しないは別として
世の中のたくさんの色を少しでも把握するには、分類の仕方を知っておくと
便利なので、ぜひ興味を持って頂きたいと思います。
色を見る目を養うことができますよ。

 

次回はシルエットを考えます。

 

-わたしのお気に入り, カラー診断, カラー診断, コラム